Monthly Archives: November 2008

ゴーストツアー

スコットランドの首都、エディンバラに行ってまず驚いたのは、ゴーストツアーが宣伝されていることだ。話を聞くと、この町ではかなりの心霊現象が起こるようだ。やはり歴史が長く建物も古いと、出るものも出るのか?町のど真ん中にある墓地が出る場所の一つだ。地下に続くドアが錠で封鎖されている。ツアーガイドさんが、よくホームレスの人が入り込み、見えないものに引っかかれたなどの事が起こったので、今は封鎖していると説明してくれた。あるお墓は牢の鉄棒見たいなもので囲われている。ガイドさんによると、昔はよく埋められたばかりの死体が盗まれたそうだ。闇市で臓器がかなり高い値段で買われていたらしい。しかし鉄棒をつけられるのはお金のある家だけで、お金の無いほとんどの家は死体が盗まれてしまうか、死体が腐るまで毎晩交代で見張りをしたとのこと。そんなことがあったなんて考えも付かなかった。

Greyfriars Churchyard
Greyfriars Churchyard

ネッシー

最近フナッシーが流行っているようだが、スコットランドでは、ネッシーのおかげでかなりの観光客が訪れるそうだ。姿を見せないのにグッツやツアーなどいい商売だ。ネッシーがいるとされる湖はよくあるただの湖だ。当たり前のことだが。バスツアーのおじさんが、もう1000回くらい来てるけど今だにネッシーは見たこと無いと笑っていた。

Loch Ness
Nessie

スコットランド

マッサンで北海道がスコットランドに似ていると言っていたけど、自分がスコットランドに行った時はそこが故郷に似ているなんて考えもしなかった。まぁ、気候的に似ているのかも知れないが。しかし、どこに行っても町並みは旧ヨーロッパ。服装やバグパイプやらと、どう見ても北海道とは似つかない。自分はヨーロッパ初体験だったので、ほんとにタイムスリップしたような気持ちになった。五百年前、またはもっと前に建築された物に触れるのはすごく歴史を感じた。ツアーでウイスキーの味見をした。ウイスキーの味に慣れていない自分にはすごくきつい味だった。おいしいとは思わなかった。まさにマッサンの話のようだ。

Edinburgh
Bagpipe